ブハラ

ユニークな建築、興味深い歴史とブハラは、世界中から人々を魅了しています。ブハラは、ウズベキスタンで最も重要で観光客が多くおとずれている都市の1つです。歴史的な市内中心部はユネスコの世界遺産(1993年)であり、2500年以上の歴史があり、何百もの古代の記念碑や遺物があります。

5世紀の中国の情報源では、ニューミと呼ばれ、後に唐帝国の源泉では、アン、アンシ、ブホ、ブヘと呼ばれていました。しかし、歴史上、それはしばしばブハラと呼ばれます。病因学者によると、この名前はソグド語の「ブハラク」に由来し、「幸せな場所」と訳されています。古いブハラは伝説や物語で有名なので、詩やおとぎ話の街とも呼ばれています。

約3000年の歴史を持つブハラは、世界の文明と文明に計り知れない貢献をした都市のひとつです。長い間科学、啓蒙、文化の中心であったこの場所の定義は、世界中に広がっています。シルクロードの交差点と知られているブハラは、初期から手工芸品の開発と貿易を刺激しました。

さまざまな統治者の治世中に首都 あるいは2番目に重要な都市としての地位を変えたブハラには、モスクやマドラサ、世界に有名な学者の霊廟、イスラ宗教に有名である著名人だけでなく、宮殿、高級住宅、キャラバンセライ、浴場、多くのドームもあります。商業客にも人気がありました。この状態は、私たちが若い頃から読むのが大好きだった東洋のおとぎ話や大好きな映画のように印象が残ります。

中世には、ブハラは中央アジアのすべてのイスラム教徒の聖なる都市であり、最も有名な人々が集まった栄光の都市と見なされていました。イマーム・アル・ブハリ(9世紀)は、コーランに次ぐイスラム教で2番目に本物の宗教書である「アルジェームアルサヒ」の作者であります。さらに、イスラム教徒だけでなく、医学でも有名でありアビセナとして知られているアブ・アリ・イブン・シノ(X-XI世紀)は、ブハラの小さな村で生まれました。イスラム教で最も神聖な人物の一人であるシェイク・バハウディン・ナクシュバンド(14世紀)は、ナクシュバンディ派の創設者であり、スーフィズムの主要人物および指導者として世界中で知られています。このシェイクの墓を訪れることは、メッカへの巡礼と同じでした。バハウディン ナクシュバンドの霊廟は今でも市内で最も神聖な場所と見なされており、世界中から何千人もの人々や観光客が訪れています。

ブハラが歴史的建造物を占めている都会としてウズベキスタンで数が第1位であり、古代市街を簡単に歩くことができます。

イスラム教徒の学者、思想家、建築家、詩人の何世紀にもわたる業績のおかげで、この都市は「イスラムの峰」、「ブハラシャリフ」、「聖なる都市」の名誉ある称号を授与されました。中世には、世界中の7つの都市が宗教の中心地としての評判から「シャリフ」の称号を与えられました*(メッカ、メディナ、マザリシャリフ、バグダッド、エルサレム、ダマスカス、ブハラ)。そのうちの1つは、古代ブハラの最も一般的な名前の1つであるブハラシャリフです。ブハラは東でイスラム教、イスラム教徒の道徳、文化、管轄権の最強の中心地の1つになっているという事実により、9世紀初頭に「クッバデイ イスラム」-「イスラムのドームという意味を持つ」の称号が与えられました。現在、ブハラはウズベキスタンで最も訪問された都市の1つであり、観光の分野で急速に追い抜かれています。

同時に、この街は現代の産業と文化の中心地でもあります。ブハラ地域の経済の基盤は農業(綿、絹の虫、穀物、果物、メロン、野菜、園芸、動物飼育)です。家畜はブハラ地域の発展した枝であり、牛、羊、山羊、馬、ラクダ、家禽が含まれます。ブハラ カラクルは特に人気があり、世界中で有名であり、世界の多くの国に原材料を供給しています。