ヌロタ

ヌラタはウズベキスタンで最も古い都市の1つであり、共和国のナボイ地域で最大の都市です。この都市は、10世紀にナルシャヒのブハラの歴史の中で「ヌル」(ここでは有名な「ヌル」の泉にちなんで名付けられました)の形で最初に言及されました。地元の伝説によると、この街はアレクサンダー大王の時代にまでさかのぼります。その後、ここに住んでいた有名なシェイク・アブルハサン・ヌリ(IX世紀)に敬意を表して、この街は「ヌラタ」と改名されました。グレートシルクロードの支線がヌラタを通過しました。過去には、それは軍事戦略的に重要であり、主要な貿易の中心地でした。ヌル要塞は、ジザックに次ぐブハラとサマルカンドのオアシスへの2番目の玄関口でした。ヌラタ(古代の「ヌル」)は、文化的に定住した遊牧民の地域の境界に位置する、ブハラの北にある人里離れた町です。地元のオグズトルコ人は、最初にコラサンに定住し、次にヌラタオアシスの前の小アジア半島に定住し、歴史的に有名なセルジュク州(11世紀)を設立しました。多くの隊商が古代の石の道を経由して浦田に立ち寄った。ジンギスカーンの軍隊は、ブハラに向かう途中で同じ方法(1220年1月)にヌラタに入った。そのため、石の道は「カーンの道」とも呼ばれています。ヌラタはサマニドとそれ以降の重要な戦略的要塞でした。

ヌラタの莫大な富は、大理石の採石場です。市内のヌロタマルマー工業企業の半製品および完成品は、ウズベック市場だけでなく世界市場でもよく知られています。

民芸品や工芸品は古くから開発されてきました。ヌラタの巨匠が作った木工、鍛冶、木工、建築、陶器、銅細工、刺繍、宝石などは常に需要があります。

ヌラタのヌルの古代の要塞(アレクサンドリア、アレクサンダーの要塞としても知られています)、防御壁の残骸(紀元前IV-III世紀頃)、モスク「チルストゥン」(IX-XX世紀初頭)、グレートドームモスク(XVI世紀) 、「サイド アタ」、「オクモスク」、「バリグソズ」モスク(XIX後期-XX世紀初頭)などは、建築的および歴史的記念碑として保存されています。

ヌラタ泉の不思議な性質は、その自然の場所と泉の癒しの性質によるものです。また、湧水のリン含有量により、水や魚が光り、魅力的な外観になります。ヌラタの泉からの水は、毎秒290リットルの速度で数千キロメートルの地下通路を流れます。冬と夏の春の水温は+19.5度です。

何千年もの間、流れる泉の凍結は観察されたことがなく、それは鉱化された柔らかい飲料水です。この水には胃腸疾患の治療薬である金が含まれていることがわかりました。水中のヨウ素がゴイターを治療し、まれな臭素が神経疾患を治療することは古くから知られています。その銀溶液は、良好な保水性を保証します。

ヌラタ神社は、今日訪れるすべての観光客に人気の場所の1つです。