サマルカンド

東洋の物語である有名なサマルカンドは、その古代の歴史と建築記念碑のために、世界中で認められている本当の美術館の街になりました。何世紀にもわたって、ウズベキスタンの都市は、シルクロードとさまざまな人々の文化、伝統、生活、貿易などの調和において重要な役割を果たしてきました。多くの有名な古代都市の中で、伝説的なサマルカンドだけが「シルクロードの中心」と呼ばれています。サマルカンドは古くから「イスラム建築の真珠」、「世界の鏡」、「東洋の真珠」、「地球の栄光」、「東のローマ」と呼ばれてきました。ローマ、アフィナ、バビルの古代都市に相当するこの都市は、3000年以上の歴史があります。設立以来、この都市は中央アジアの政治的、経済的、文化的生活において重要な役割を果たしてきました。シルクロードの交差点であるこの街の場所は、手工芸のシルク織り、有名なサマルカンド紙、陶器、鍛冶、ベーキング、製菓、芸術刺繍、その他の貿易の発展をもたらしました。古くからサマルカンドで開発されてきた手工芸品の種類は、地元の人々の名前で保存されています。 「ソザンガロン」(刺繍師)、「カモンガロン」(矢と弓を作る人)などの名前が今も残っています。

サマルカンドが形成されたザラフシャン川渓谷の自然の豊かさは、「 アヴェスト 」(アヴェストはイスラム教までの中央アジアの人々が信じられてきた宗教の聖なる本である。)神聖な詩で賞賛されました。紀元前1千年紀の半ばに、ギリシャの情報筋はモロッコの形でサマルカンドの街に言及し、中世には古代サマルカンドの遺跡はアフロシアブとして知られるようになりました。サマルカンドの最初の書面による記述は、紀元前329年にさかのぼり、アレクサンダー大王が率いるギリシャ-マケドニア軍によって征服されました。西暦1世紀、この都市は強力なカンギュ州の支配下に置かれました。

サマルカンドのVI-VII世紀には、トルコのカナーテの一部になりました。 7世紀の終わりから8世紀の初めに、アラブの侵略者の軍隊が現れて中央アジア全体を征服し、イスラム教を広め、地域の全人口がイスラム教の新しい宗教に招待されました。

13世紀初頭、サマルカンドの領土はチンギス カンが率いるモンゴル軍によって完全に占領され、都市はほぼ完全に破壊され、老若男女何千人もの人々が殺されました。

14世紀半ばから15世紀にかけて、サマルカンドと中央アジアは、経済的、政治的、社会的、文化的生活の新たなかつてない上昇を経験しました。偉大な司令官兼最高司令官であるアミールは、現在の中国東部の国境からトルコのイスタンブールまで、そしてインド北部からロシアのヴォルガ地方まで国境が広がる、偉大なマヴォーローウンナヒル中央集権国家*(27州の広大な帝国)の創設者でした。ティムールの治世(XIV-XV世紀)の間、サマルカンドはこの帝国の首都として選ばれました。これらは、サマルカンドで最も繁栄し、人気のある時期です。この間、大規模な都市計画と美化作業が行われました。偉大な支配者はサマルカンドに集まり、彼の時代の最も熟練した職人と巨匠であり、彼らの作品は何世紀にもわたって生き続けてきました。サマルカンドのモニュメントは美しく巨大です。この街では、古代遺跡、神学校(マドラサ)、霊廟、ミナレットに保存されている古代の歴史の息吹を感じることができます。

アミール・テムールは首都サマルカンドを美しい街にすることを夢見ていました。インド、アフガニスタン、イラン、シリア、コーカサス、トルコへのあらゆる軍事遠征から、彼はサマルカンドに最も熟練した建築家、宝石商、学者を連れてきました。彼自身の国では、ティムールは創造的な芸術家でした。彼は芸術家や詩人、思想家や科学者の寛大な支持者でした。キャラクターは後に孫のミルゾ・ウルグベクに引き継がれました。彼の星と地図のカタログは5世紀前に作成され、今日でも世界を驚かせています。特に、ウルグベクによって建てられた15世紀のサマルカンド天文台はまだ荒廃した状態にあります*(年の長さ、季節、1,017の星の動き)はまだ存在しており、すべての人にとって非常に興味深いものです。

ティムールの治世中に、サマルカンドはピークに達したことに注意する必要があります。

当時のヨーロッパ諸国の統治者たちは、サマルカンドに多くの大使を派遣し、イギリス、フランス、スペインの王国の大使を含む外交関係を築こうとしました。今日まで、それらの通信は様々な美術館で保管されています。世界の他の地域の支配者たちは、サマルカンドの独特の美しさを見ることを夢見ていたことが歴史から知られています。その後、中央アジアの王国やカナーテに併合され、19世紀以降はロシア皇帝に占領され、独立するまでソビエト連邦内の領土として占領されました。

現在 有名なレギスタン広場(XV-XVII世紀)とその雄大な古代マドラサは、中央アジアのユニークな建築記念碑です。古代、シルクロードの間、このエリアはサマルカンドの商業と社会の中心地でした。アミール・テムールと世代の霊廟は、古代サマルカンドの美しさのもう一つの象徴です。古代サマルカンドの建築は、その壮大さ、壮大さ、まばゆいばかりのタイルの装飾品、青くて美しいドームとミナレットで常にすべての人を魅了してきました。これらには、レギスタン広場、アミール・テムー霊廟、ビビハニム モースク、シャヒジンダ、ウルグベク天文台、その他多くのモニュメントが含まれます。

現在、サマルカンドの人口は約60万人で、産業規模ではタシュケントに次ぐウズベキスタンで2番目に大きな都市であり、ウズベキスタンだけでなく世界でも観光の中心地の1つです。

自然自体がサマルカンドに美しい気候ときれいな水を与えました-それはウズベク人から 「 楽園 」言われています。サマルカンドの気候は大陸-亜熱帯です。その便利な地理的位置と素晴らしい気候は常にすべての人を魅了してきました。サマルカンドの建築的および歴史的モニュメントは、2001年にフィンランドで開催された第25回ユネスコセッションで世界遺産に登録されました。