シャフリサブス

シャフリサブスは、「グリーン シティ」を意味するウズベキスタンで最も古い都市の1つであり、現在は国の観光都市です。この都市は、世界の3番目の征服者*(アレクサンダー大王、チンギスカーン、アミールティムール、今日まで世界の大部分を征服した司令官)と司令官アミールティムールの発祥の地です。街の施設、通り、近所の多くは彼の名前が名付けられています。アミールティムールの父であるムハンマド・タラガイ、彼の精神的な教師であるシャムシディン・クロル、そして彼の長男であるジャホンギル・ミルゾは、シャリサブズのアミールティムール廟に

埋葬されています(その一部は残っています)。

偉大なマーワラーウンナフル州(帝国)の創設者であり、その無制限の支配者であるティムールは首都としてサマルカンドを選びました。しかし、故郷でも常に美化に取り組み、繁栄するために全力を尽くし、大規模な工事を行いました。実際、シャフリサブスはサマルカンドに次ぐ州の2番目の首都でした。 シャフリサブスは、偉大な司令官アミールティムールの故郷として世界中で知られており、彼の治世中に、それは科学と芸術の真の中心となりました。

エミールの命令により、最高の建築家、建築装飾の巨匠がここに派遣され、地元の巨匠と一緒に、さまざまな国の経験と伝統を組み合わせて、壮大な建物を建てました。彼らの知識、経験、伝統、創造的な努力の統合のおかげで大きな成果を上げています。彼らは、14世紀後半から15世紀初頭にかけて、中央アジアの建築の特徴を定義する美しい記念碑的なスタイルの基礎を築きました。

オクサロイは市内で最も壮大で巨大な建造物であり、何千人もの人々や職人がその建設に携わっており、建築レベルの芸術を生み出しています。宮殿の建設は1380年に始まりましたが、1404年に完成しました。ティムールの治世中、アンサンブルのある都市の建設が広まった。これらは、オクサロイ、ドリス-ティロヴァット、ドリス-サオダット(XIV-XV世紀)のアンサンブルが際立っているシャフリサブスでも明らかです。

しかし、シャフリサブスはティムールの治世中に有名だっただけではありません。ティムールが誕生するずっと前から、独自の歴史があり、世界で最も古い都市の1つです。学者によると、シャフリサブスは2,700歳で、「永遠の都」として知られるローマの年齢に相当します。街には多くのランドマークがあり、その歴史的中心部は2002年にユネスコ世界遺産リストに登録されました。

報告によると、紀元前4世紀、アレクサンダー大王の軍隊は休息のためにケシュ(現在のシャクリサブズ)のオアシスに立ち寄り、しばらくそこに住んでいました。街は7世紀にアラブ人に包囲され、1世紀後、ケシュはムカンナの下でアラブ人に対する強力な反乱の中心となりました。平時は、にぎやかなシルクロードという非常に便利な場所にあるため、街は何の障害もなく成長し繁栄しました。

ウズベキスタン政府は、文化と観光の中心地としての都市の大きな可能性を示す「シャフリサブス-フェスティバルの街」の概念を積極的に推進しています。近年、この街への関心が高まり、その結果、観光客の流れが高まっています。 2018年9月、ウズベキスタン大統領シャフカット・ミルジヨーエフの主導により、隔年で開催される国際アートフェスティバル「マコム」がシャフリサブスに選ばれました。これにより、この都市はさらに世界に広まり、観光客の流れが広がります。