タシケント

タシュケントは中央アジアで最大の古代都市の1つであり、2009年に2,200周年を迎え、現在ウズベキスタン共和国の首都です。タシケントは、天山の西斜面から始まり、シルダリヤ川の麓に流れ込む広い高原の近くに位置している地域です。北からカザフスタンと国境を接しています。面積は327.9km²です。人口は300万人以上です。

 

タシケントは数千年の歴史があります。その歴史は、要塞の壁に囲まれた世界最大の都市の時代から始まり、ウズベキスタン共和国の首都となった時間までです。何世紀にもわたって、平和な生活で重要な出来事や波乱万丈の戦い、浮き沈みを経験してきました。何度も街は破壊され、再建されました。 イスラム世界の偉大な学者であるホジャアフロル ヴァリ、シャイフウマル バギスタニ、アブバキルショシー、アブ スライマン バノカデイー、ホフィズ コハキーなどはこの都市に住み、活動してきました。

タシケントの長い歴史と旧チョーチまたはショシュ地方の歴史に関する情報は文献に様々に書かれています。古代のゾロアスター教の聖典、Avestoでは、シルダリヤ川辺りにある国はTuronと呼ばれ、人口はTurlarと呼ばれていました。カンガ市(カンガ)は、部族の長老たちの宗教的と政治的な住居であったと言われています。

 

チルチク川 は、中央アジアの古代の農業および都市文化の発祥地の一つです。その地域にタシケントの中心が現れました。場所がよく変えたこの中心は古代と中世にチョチまたはショシュと呼ばれ、後にタシケントと呼ばれるようになりました。

 

初めて「タシケント」という名前は、XII世紀の有名な学者であるアブ・ライハン・ベルニとマフムード・カシュガリの著書で書かれていました。ベルーニは著書「インド」の中でタシケントの名前の由来を語っていますが、Toshという言葉はトルコ語が起源であり、Shoshという形をとっています。 彼は「タシケントは岩だらけの村を意味する」と説明します。タシケントのオアシスにおける都市文化の形成と発展は、かつての牧畜民や農民の社会経済的や文化的生活における巨大な歴史的プロセスであり、外国貿易の歴史と表裏一体の関係にある。その過程の歴史的景観は広大であり、文献よりも多くの考古学的研究によって再構築されています。そのため、タシケント領内の考古学的発掘調査の結果は、古代で中世の情報を完全なものにし、明らかにしている。この都市は、他の古代な都市のように、戦争や損失を見て、何回も破壊され、再建され、破壊され、再建されてきました。シルクロードの交差点に位置する重要な都市として知られ、繁栄してきました。

2007年にタシケントはイスラム文化の中心として宣言されました。理由は市内に歴史的なイスラム建築物が多く存在することや、イマーム・ブハーリにちなんで名付けられたタシケントイスラム大学やタシケントイスラム学院が市内にあり、文化的な歴史がイスラムの伝統と結びついているからです。タシケントの有名なハスティ・イマームコンプレックスは、地元と外国人観光客のためのお気に入りの場所の一つであり、建築群(XVI-XX世紀)は、有名なイマームアブ・バクル・ムハンマド・イブン・アリ・イスマイル・アルカフォル・シャシの墓の周りに形成されています。墓地とその周りにある建築群は、ハズラティイマームにちなんで名付けられています。この建築群にハリファ・オスマンの時代に書かれた(644-656)イスラム教の神聖な本 オスマン・コーランが保存されています(現在コピーは5冊ありますが、1冊はウズベキスタンで保存されています)。全ての観光客がイスラム世界で有名で神聖なコーランを見るためにこの建築群に訪問します。

 

タシケントは中央アジア最大の産業や交通の中心地であり、文化の中心地でもあります。現在タシケントは中央アジアで大都市の一つで、急速に近代的で国際的ビジネスセンターになっています。今日のタシケントは大規模な近代産業の中心地で、国内に製造会社や工場があり、縫製や電子機器から航空産業までの製造会社があります。国の生産量の約30%はタシケントを占めています

 

タシュケントは、ウズベキスタン共和国の政治の中心地でもあります。共和国大統領官邸、ウズベキスタン共和国オリイ・マジリス、閣僚会議、社会運動や政党などの公的機関、外国大使館、国連機関などの国際機関、中央省庁、非政府組織などが位置しています。また、市内には最大かつ最新の医療施設があり、30以上の外国の高等教育機関があり、その他にも多数の高等教育機関があります。首都タシケントには、他の都市とは異なり、多くの劇場、公園、豪華なスポーツアリーナ、また、ウズベキスタンで最も荘厳で巨大なモスクもあります。それにタシケントの地下鉄も有名です。特にタシケント地下鉄は、その美しさ、豪華さ、装飾、刺繍の美しさで世界中の観光客を魅了しています。

 

現在、ウズベキスタンには約100の博物館があり、その半分は首都にあります。それぞれにウズベキスタンの豊かな文化遺産が反映されています。首都の中心にはティムール歴史博物館があり、その大きい青いドームはサマルカンドの古代ドームを彷彿とさせます。博物館の展示物は中世のウズベキスタンの領土で国家の形成を証明し、アミール・テムールの治世中の科学、文化、芸術の発展を反映しています。