タシュケント

タシュケントは中央アジアで最大の古代都市の1つであり、2009年に2,200周年を迎え、現在ウズベキスタン共和国の首都となっています。タシュケント オアシスは、ティエンシャンの西側の斜面から始まり、シルダリヤの丘陵地帯に流れ込む広い丘陵地帯の一部です。上部はカザフスタンと北に接しています。面積は327.9km²です。今日の都市の恒久的な人口は300万人以上です。

 

この都市には数千年の歴史があり、その間に要塞の壁に囲まれ、

世界最大の都市の1つであるウズベキスタン共和国の首都に移動しました。何世紀にもわたって、この都市は平和な生活の中で重要な出来事を経験し、また激動、浮き沈みの時期を経験してきました。何度も街は破壊され、再建されました。 ホジャアフロル ヴァリ、シャイフ ウマル バギスタニ、アブ バキル ショシー、アブ スライマン バノカデイー、ホフィズ

 

ホカヒーなどのイスラム教徒の世界の偉大な学者は、この地域に住み、働いていました。

タシュケントの長い歴史と彼が創設した古代のチョッホまたはショッシュ地域に関する情報は、さまざまな書面に反映されています。古代のゾロアストリアンの聖典、アヴェスタでは、シルダリヤ盆地の国はトゥロンと呼ばれ、人口はトゥールと呼ばれています。カンガ市(カンガ)は、部族の長老たちの宗教的、政治的住居であったと言われています。

 

チルチク川 は、中央アジアの古代の農業および都市文化の発祥地の1つです。タシュケントの中心はその領土に現れました。この遊牧民の中心地は、古代と中世には チャチまたはショシとして、後にタシケントとして知られていました。

 

「タシケント」という名前は、XII世紀の有名な学者であるアブ・ライハン・ベルニとマフムード・カシュガリの作品で最初に言及されました。ベルニは彼の著書「インド」でタシュケントという名前の由来について語っています。「ストーン」という言葉はトルコ語に由来し、ショッシュの形をとっています。 「タシュケントは岩だらけの村を意味します」と彼は説明します。タシュケントのオアシスにおける都市文化の形成と発展は、この国に住んでいた古代の牧畜民と農民の社会経済的および文化的生活における巨大な歴史的プロセスです。外国貿易の歴史と密接に関連しています。このプロセスの歴史的展望は非常に広く、書かれた情報源よりも多くの考古学的研究を通じて再構築されています。したがって、タシュケントの領土での考古学的発掘の結果は、古代および中世の情報源からの情報を補足し、明確にします。この都市は、古代の都市と同様に、最初から戦争や犠牲者は見られず、破壊され、再建され、破壊され、再建されました。シルクロードの交差点として重要な都市と知られ、繁栄しており、常に重要です。

2007年、タシュケントはイスラム文化の中心地として宣言されました。これは、市内に多くの歴史的なイスラムの建物が存在し、タシュケントイスラム大学とイマームブハリと名付けられたタシュケントイスラム研究所がこの都市にあり、都市の文化的歴史がイスラムの伝統と関連しているという事実によるものです。タシュケントの有名なハスティイマームコンプレックスは、げんざい 地元および外国人観光客のお気に入りの場所の1つであり、建築記念碑(XVI-XX世紀)は、有名なイマーム アブバクル ムハンマド イブン アリ イスマイル アル‐カッフル シャシの墓の周りに形成されています。墓地とその周辺の建築物群は、イマームと名付けられました。ウスマン ハリファ(644-656)の治世中に書かれた神聖な原稿「ウスマンコーラン」が保存されているのはこの複合施設です*(今日利用可能な5つのコピーがあり、そのうちの1つはウズベキスタンにあります)。そのため、すべての観光客がこの複合施設を訪れ、イスラム教徒の世界で知られ人気のある聖なる原稿を見たり訪れたりします。

 

中央アジアで最大の産業および輸送ハブおよび文化の中心地の1つです。最近、タシュケントは中央アジアで最大の大都市の1つであり、急速に近代的および国際的なビジネスの中心地の1つになっています。タシュケントは近代的で大規模な産業の中心地であり、衣料品や電子機器から航空機の製造に至るまで、国内の製造会社のほとんどが市内にあります。資本は国の生産量の約30%を占めています。

 

タシュケントは、ウズベキスタン共和国の政治の中心地でもあります。共和国大統領の住居、ウズベキスタン共和国のオリイ・マジュリス議会、大臣の内閣、社会運動や政党、その他の公的機関、外国大使館、国連機関、その他の国際機関の中心、州および非政府機関の中央部門がこの都会に位置しています。さらに、この都市には、最大かつ最も近代的な医療機関、30を超える州および外国の高等教育機関があります。他の都市とは異なり、首都タシュケントには多くの美しく豪華な劇場、公園、豪華なスポーツアリーナ、娯楽施設、そして国内で最も雄大で巨大なモスクがあります。タシュケントの地下鉄も有名です。特に、タシュケントの地下鉄は、美しさ、豪華さ、装飾、装飾で世界で最も美しい地下鉄の1つであり、世界中からの観光客を魅了しています。

 

現在、ウズベキスタンには約100の美術館があり、その半分は首都にあります。それらのそれぞれは、ウズベク人達の豊かな文化的遺産を反映しています。首都の中心には、アミール テムールの歴史の州立博物館があり、その巨大な青いドームは、サマルカンドの古代のドームを彷彿とさせます。彼の展示は、ウズベキスタンの領土における中世の国家形態の形成を証明し、アミール・テムールの治世中の科学、文化、芸術の発展を反映しています。